資産運用のために|初心者でもオッケー|損せず投資を始めるお手伝い

初心者でもオッケー|損せず投資を始めるお手伝い

婦人

資産運用のために

グラフ

購入するときのために

個人が資産運用を始めるときには小口の資金でも購入できることが重要であり、特に最近注目されているのは投資信託です。投資信託は銀行でも購入することができますが、商品ラインナップが豊富な証券会社を利用するのが一般的です。証券会社によって取り扱っている投資信託は様々であり、手数料体系も異なっているので、比較サイトを使って利用しやすい証券会社を選ぶのが理想的です。とりわけ利用者が急激に増えているのはネット専業の証券会社であり、手数料無料のファンドの本数が多いのが魅力的です。商品によってリスクとリターンが大きく異なるので、投資信託を購入するときには運用レポートの内容を比較しながら、資産運用に適したファンドを選ぶべきです。

売れ筋商品として

信託報酬や手数料などのコストを重視する個人投資家が増えており、最近の売れ筋商品の多くがノーロード型のインデックスファンドです。インデックスファンドの種類も増えているので、投資家向けの情報サイトで比較しながら、長期投資に適したファンドを活用するべきでしょう。個別のインデックスファンドを比較するときのポイントは、商品のコンセプトとこれまでの運用実績です。株式や債券などの複数の資産を組み合わせているファンドであれば、値動きも比較的緩やかであり、安定性を重視した資産運用にも最適です。国債などの高格付け債券の利回りの低下が進んでいるために、高いリターンを実現したい人が選んでいるのは、リートやハイイールド債券で運用する商品です。